2582c1dde3c0129bff1d5396f45b39d3_s

みなさんは『痩せの大食い遺伝子』

という言葉を聞かれたことが有りますか?

 

沢山食べても太らない『痩せの大食い』と呼ばれる人たち、

テレビで活躍される大食いタレントさんも驚くような量を食べながら、

スリムな体をキープされていますよね!

 

実はこのような痩せの大食いと言われる人の中には、

【UCP】というエネルギー消費が通常の人よりも活発になる遺伝子を

多く持っている人が居るのです!

これが『痩せの大食い遺伝子』です。

遺伝的に痩せ体質なんて、とってもうらやましいですね。

 

でもこの遺伝子、筋力トレーニングで増やすことが出来るのです♪

ポイントは【速筋】にアプローチしたトレーニングです。

 

筋肉にはジョギングなどの有酸素運動の際に使われる【遅筋】と

ジャンプや瞬発的な動き、重いものを持ち上げたりする際に使われる【速筋】があり、

痩せの大食い遺伝子は【速筋】の中に発生します。

 

ジャンプや筋トレで痩せの大食い遺伝子が増えるなら、

ぜひ実践してみたいですよね!

 

Shapes×Styleでお勧めしているトレーニングはこちらです。

ジムで器具を使って行うものから自宅で簡単に出来るものもありますので

ぜひ試してみてくださいね。

 

『痩せの大食い遺伝子』を増やして食べても太りにくい体を手に入れましょう!

ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

by Yuki Yanagida