2

 

「夏=痩せやすい」と思っている方はいらっしゃいませんか。

 

暑い夏の時期はたくさんの汗をかくので

「夏は痩せやすい」とイメージを持つ人も多く

基礎代謝が高いと思われがちですが、

実はその反対で夏は1年の内で最も基礎代謝が低下する時期なのです。

1

 

基礎代謝というのは人間の生命活動を維持するために

消費するエネルギー量のことです。

息をしたり内臓機能を維持し

体温を一定に保つことなどにエネルギーが使われています。

1年の内で最も外体温が体温に近い夏は、

体温維持にあまりエネルギーを使う必要がないので、

その分基礎代謝が低くなるのです。

 

また、夏の暑さは

体力や胃腸の働きを低下させたり自律神経が乱れたりなど

健康面にも悪影響を与えやすい時期となります。

そして夏にはスタミナつけるために、

焼き肉などカロリーの高いものを食べたり

暑い日に冷たいビールや清涼飲料水のがぶ飲み、

アイスやかき氷など冷たい物ばかり食べていますと

さらに、内臓が冷えて機能が低下してしまいます。

 

基礎代謝低下を避けるためにも、

身体に負担をかけないダイエットを心がけることが重要となります。

 

適度な運動を取り入れながら、消費カロリーUP!!

ダイエットにはただ食事制限するだけではなく、

適度な運動もとても重要となります。

運動は、自律神経を整え基礎代謝を高める効果がありますので

無理のない運動を心がけ、習慣づけることが大切です。

 

食事の栄養バランス

a7a20e89cea5c26713897b5f818dbd5d_s[1]

夏になりますと冷たい麺類だけで済ませることがありますよね。

麺類だけでは、ビタミンやミネラル、たんぱく質が不足しがちです。

ビタミンやミネラルが不足してしまいますと代謝がスムーズに行われず、

たんぱく質の不足は筋肉量の低下を招きます。

カロリーの高いものを1食で食べるのではなく、

少量ずつでもいいのでバランスのいい食事を

1日3食摂取するようにしましょう。

 

アルコールの量を減らす

20f4e1d5a374f2febf31e752567db86e_s

夏祭りやアウトドア、ビアガーデンなど、

夏にはお酒を飲む機会が多くなり太る原因に繋がります。

また、お酒を飲んでいるとおつまみなどが、

欲しくなる時があるかと思います。

アルコールには食欲を増進する作用がありますし、

おつまみには揚げ物やご飯ものなど

高カロリーのメニューがたくさんありますので

飲みすぎはもちろん、食べ過ぎにも気を付ける必要があります。

夏太りをしないためにも、

極力アルコールの摂取は控えることをオススメします☆

 

水分補給によるエネルギー摂取

暑い季節は、スポーツドリンクや清涼飲料水などの

冷たい飲み物を摂取する機会が多くなります。

冷たい飲み物の取りすぎは、胃腸の働きを悪くする原因になります。

熱中症対策にはスポーツドリンクが適している場合もありますが、

余計なカロリー摂取につながってしまうこともあるので、

飲み過ぎには注意が必要です。

 

2

 

「夏=痩せやすい」というイメージは捨てて、

無理のない範囲で夏場のダイエットに挑戦していきましょう!

 

by anna osada