8194caebad6cc9cb09b8f5431b4f7448_s

梅雨も終わりに近づき蒸し暑い日が続きますね。みなさま、夏の暑さに負けていませんか?

暑いし、たくさん汗をかくし自然と痩せていく!

といった考えをお持ちの方は多いのではないかと思います。

クーラーのきいたお部屋でごろごろしたり、

夏バテで食欲がないから食事をしっかりと摂っていなかったり…

実はこれらは基礎代謝が下がってしまう原因になります!

【基礎代謝とは寝ていてもじっとしていても使われるエネルギーのことを示します】

夏は暑いだけで体力を奪われているような感じがしますが

基礎代謝は暑い夏よりも、寒い冬の方が大きいのです!

気温の低い冬は、体の体温を維持するためにエネルギーを燃やします。

しかし、気温の高い夏は体温が高いので、エネルギーを燃やさなくても体温を維持できているのです。

そのため基礎代謝は低くなってしまいます…

また、汗をかくことで、エネルギーを消費しているわけではありません!

基礎代謝が下がっている状態でエネルギーを過剰に摂取してしまうと

夏太りの原因となってしまいます!

ではどうしたらよいのか…

とてもシンプルですが、ポイントを2つご紹介いたします。

96fd876b0990df0e24fdaf7fe0c1667b_s

○食生活

冷たいもの、のどごしのよいものを食べたくなるのは夏バテをしているせいだからです。

日頃からバランスの良い食事を心がけて、規則正しい生活をしていれば、

代謝を落とさないばかりか、夏バテにかかる悪循環も防ぐことができます。

8194caebad6cc9cb09b8f5431b4f7448_s

○運動

日中を避けて夜や明け方の涼しい時間帯に運動を行うと◎。

運動後の飲み物も、清涼飲料水より、お茶やお水をオススメします。

夏だからといって生活習慣をがらっと変えてしまうのではなく

出来るだけ1年を通じて同じ生活をしていけるとよいですよね。

夏以外にも、春・秋・冬の日にしている習慣を実行できないか、

自分に合った方法を探ってみるのもよいかと思います。

運動といってもなかなか続かないし…と思われた方!

まずは半身浴でも良いので湯船に浸かるようにすると、身体の冷えや自律神経の乱れも収まります。

身体が内臓まで温まることで健全な発汗が促され、基礎代謝もアップします。

お湯の温度設定を39度にし、冷水で首と手首を冷やしながら入るとのぼせにくくなります

夏場だから自然と痩せるといった考えをなくして食事のバランス、運動も適度に取り入れ

何か特別なことをするのではなく、生活習慣として行ってみてはいかがでしょうか。

by kyoko makimoto