water-1160541_1920

朝起きたとき、夕方から夜にかけておこるむくみ

皆さまどのような対策をしてらっしゃいますか?

むくみ防止グッズは今や手放せない
女性の味方になっているかと思います。

そんなむくみ防止グッツに頼らなくても
人間は自らの力でむくみを予防することができます。

それはお水を飲むこと!!

水を飲み過ぎるとむくみにつながるって聞いたけど…
と不安に思っていらっしゃる方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は正しいお水の摂り方を皆様にご紹介したいと思います。

まず、なぜむくみはおこるのか。

体内の60%は水で出来ているというのは有名な話ですが、
その水分は細胞の中に取り込まれています。
その細胞内の水分が正常よりも多くなってしまっている状態がむくみと呼ばれているのです。

つまり水が体内に留まるとむくむということは取らないほうがいいのでは…?
と思った方もいらっしゃるかもしれません。

それは大きな間違いです。

水分は細胞内に栄養を届け、老廃物を回収し、汗や尿として体外に排出してくれる働きを持っています。

つまり細胞内に水分がとどまるということは、老廃物を溜め込んでしまいむくみにつながるのです。
(ちなみに、リンパが詰まるのもこの水不足が原因のひとつとも考えられています。)

ではこの水不足から来る老廃物の溜まってしまうむくみを解消するために
正しいお水の摂り方をご紹介します。

1、毎日2~3ℓのお水を飲む
体内の水分は常に循環し細胞に栄養を与え老廃物を回収し血管内に戻ってくるを
繰り返し繰り返し行っています。
水分が足りなければ老廃物を排出することができず、そのまままた体内を循環していきます。
その老廃物により濁ってしまった水をきれいにするために、2~3ℓ程度のお水が必要になります。

2、こまめにとる
一気にたくさんのお水をとっても血管内に一度に吸収される水分量は決まっていますので
せっかく補給したお水は体内に吸収されず外に排出されてしまいます。

一回に補給する量としてはコップ1杯分(200~250㎖)が理想です。

また、のどが渇く前にお水を飲むことで、体内の水分が一定に保たれ
循環がスムーズに行われます。

3、常温のお水を飲む
キンキンに冷えたお水を好んで飲む方もいらっしゃいますが
冷たいお水を一気に飲んでしまうと体の冷えにつながってしまいます。
体が冷えると血管が縮み血流の流れが滞りむくみにつながってしまいます。

いかがでしたでしょうか。

また、お水を飲むことによって
・基礎代謝が上がる
・体温が上がる
・肌がきれいになる
・リンパの流れがよくなる
・血液がさらさらになる
などの嬉しい効果もあります。

いきなりお水の量を増やそうにも、2~3リットルなんてとても…と思う方は、
まず朝起きてコップ1杯のお水を飲むなど、少しづつお水を飲む習慣をつけるのも良いですね♪

 

beach-1867908_1920

By Minori Sato