86a6adbc65fb9846866e2783999474fb_s

086155

夏、外は蒸し暑いのになぜか体の内側が冷えている
手足の先が冷たい、などということはありませんか。

女性の約7割、男性の約3割は体の冷えなどに悩んでいるといいます。

夏場に冷えは場違いな言葉のように思えますが、
夏だからこそ冷えが起こりやすいのです。

まず、何故女性の方が男性よりも冷えを感じやすいのか。
様々な説がありますが、筋肉量の差が原因の一つと考えられています。
筋肉の量が少ないと、血液を動かす筋ポンプの働きが弱まり、
血行不良に陥りやすくなってしまうのです。
そして間違ったダイエット方法を行うことでさらに筋肉量が減り
基礎代謝を下げ、冷えにつながるといった悪循環を繰り返してしまいがちです。

冷えが体に及ぼす影響としては
・頭痛
・めまい
・吐き気
・消化不良
・肥満
などがあげられます。

これらを防ぐために、日常生活でできる
簡単な対策をご紹介します。

1、深呼吸をする
鼻から深く息を吸い込み、吐き出すことによって、心身を緩め
血管を広げることで、血行促進に効果があります。

2、10分間お湯につかる
ぬるめ(38~40℃)のお湯に毎日10分浸かり、
神経をリラックスモードにすることで自律神経のバランスをとり、
血行を良くしてくれます。

3、腹巻を巻く
背中の緊張を温めほぐすことによって
全身の血流をよくする効果があります。

夏場は室内外の温度差が激しくなってきます。
すぐに羽織れるものを持ち歩き、体温調節を行うのも
冷えから身を守る対策になってきます。

毎日の積み重ねで冷えて辛い体から
基礎代謝の高い痩せやすい体作りを始めませんか。

 

By Minori Sato