afaa72248a63f39f787647dc146b7a75_s

最近は、スーパーでもよく見かける「ベビーリーフ」

どんなお野菜なのか、みなさんご存じですか?

ベビーリーフとは、発芽後10~30日程の若い葉の総称なのです^^

ベビーリーフとして売られているもの中には
エンダイブ、ホウレンソウ、レタス、カラシナ、ルッコラ、タアサイ等があります。

初めはイタリアンやフレンチのレストランでしが利用されなかったものですが
洗ったり切ったりする必要もなく、サラダとして手軽に食べていただけることから、日本でも需要が高まるにつれて、
日本人が昔からよく食べている水菜や小松菜などのベビーリーフも市場に出始めました。

これらのベビーリーフには、とにかく栄養がたっぷりなのです。

成長しきる前に、小さいうちに摘みとられる若葉なので
その分、栄養素がいっぱい含まれているのです。

例えば、通常のレタスと、ベビーリーフのレタスを比較してみると、、、

レタス ベビーリーフレタス
カルシウム 19㎎  58㎎
カロテン  240ug 2300ug
ビタミンC 5㎎   21㎎

カルシウムは、血液中に一定の濃度で含まれているものですが、神経の伝達機能及び興奮の抑制などの役割を担っています。
不足すると、ついイライラして、感情のコントロールが乱れやすくなります。
カロテンは、コレステロールの酸化を防ぎ、悪玉コレステロールを減らす作用があるほか
内臓や皮膚などの膜組織の健康を維持する効果があります。
ビタミンCは、皮膚のハリを保ち、美白、美肌を保ち、免疫力も高めてくれます。

どの栄養をとっても、ベビーリーフは、現代人に不足しがちな栄養素を、たっぷり含んでおり
特に女性にとっては、美容のためにも摂っておきたい栄養素がたくさんありますね。

afaa72248a63f39f787647dc146b7a75_s

スーパーで見かけられたら、ぜひ一度手に取っていただければと思います。

By Chika Sato