shutterstock_383862988-660x442

噛むことのメリット!

①消化を助ける事。

口の中でよく噛むことは食べ物を消化吸収するのと同じくらいの価値があり、第一の消化とも言われます。

しっかりと噛むことで、食べた後のお腹の膨らみも防いでくれます。

お腹のラインは目立つ服の時の外食は、ゆっくりと噛みながら食べましょう!

②ゆっくりと食べることはダイエットを助けてくれるということ。

「ゆっくり食べる人ほど、食べる量が少ない」という結果があります。

毎回食べ物を口に運ぶたびに味わい、空腹を満たしていく感覚を感知することが、満腹感につながります。

shutterstock_102461543-660x438

●ゆっくりと食べる習慣をつける方法

日常生活では、ゆっくりとしっかり噛むのをつい忘れて、いつも通りに食べてしまいますよね?

そういう時は、「よく噛まないといけない食べ物」を意識的に食べるようにしましょう。

通常はたくさん噛まないといけない物は健康に良いという法則があります。

逆に、ジャンクフードはどうでしょう?

飲み込むように食べてしまい、ついつい食べ過ぎてしまいませんか?

この食べ方は、体型を悪くするどころか、健康にも悪影響を与えます。

ゆっくり食べる、そして、健康に良い減塩で食べるには、次の方法をオススメします。

生野菜は、一般的に硬いものが多いので、自然と噛む回数が増え、ゆっくり食べることが出来ます。

そしてこれが、ビタミンやミネラルを取り込みやすくし、食べた満足感に繋がります。

お腹が空いた、その勢いで食べると、脂質と糖分を吸収しやすくなります。

また、減塩で食べるときに味を豊かにしてくれるのに役立つのがオリーブオイルです。

オリーブオイルは、身体をきれいに保たせてくれて、健康になります。

もちろん、オリーブオイルの取り過ぎはいけません。

適量にしましょう。

適量のオリーブオイルは、良い脂質分となり、身体に満腹感を与えてくれます。

shutterstock_223405744-660x440

●目食べる

ゆっくり食べる事と一緒に、用意した食事に喜ぶことも大切です。

テーブルの上に食事を並べて視覚で喜ぶのも食事の喜びの一つです。

だって、素敵なホテルでの食事や、懐石料理などを食べる時、

きれいな食事を見ると幸せな気分になりますよね。

おうちでも、きれいな食器に盛り付けをしたり、少しテーブルコーディネートをしてみると以外と効果的ですよ。

優雅な気分になって、ゆっくりと食べれます。

パソコンを見ながら食べるとか、携帯を見ながら食べるなどは、食べている意識をなくさせ、

「食べる満足」を失わせてしまいます。

shutterstock_66387175-660x440

●友達と一緒に食べる

一人で食事をする時と友達と食べる時、

お友達と食べる時の方が量が少ない気がしませんか?

そして、一人で食べる時は、後片付けもしないといけないし、早く食べてしまいます。

テレビの前で「ちょっとだけ~」と明けたポテトチップスが無意識のうちに空っぽになっている事ありますよね。

毎日お友達と食べる事は出来ませんが、回数を増やすことでゆっくり食べる習慣をつけることが出来ます。

shutterstock_383862988-660x442

食事をする事をただお腹が空いたからという理由だけでなく、

食事をする時間自体を大切に喜びに変えることが、ゆっくり食べて満足感を得る方法です。

無意識のうちに食べていて、空っぽになったお皿や袋を見て

「もっと残っていると思ったのに。。」という物足りなさを感じる事もありますよね。

よく「フランス料理は」ゆっくり出てくるからお腹いっぱいになる」なんて聞きます。

ゆっくり食べて優雅な気分になり、満腹感を得て、それがダイエットにつながるので、

発想を変えてみてはいかがでしょう?

by Miyuki Maeda