food-424537_960_720

いつも使っているみりん、みりん風の液体ではないですか?

同じ調味料でも、様々な種類があり
様々な値段で売られていますよね。
では何が違うのでしょうか。

今回はみりんについて。

調味料コーナーに並んでいるのは
“みりん風調味料”、または、”みりんタイプ調味料”になります。
本当のみりんはアルコールの分類なので、
お酒コーナーにしか置けないのです。
調味料コーナーには置けません。

どういうこと?と思ったあなた、
では原材料を見てみましょう。

まず、本当のみりん

3
原材料はシンプルで、もち米、米麹、焼酎のみです。
みりんは本当はそのまま飲めちゃうのです。
(お酒が苦手でなければ 笑)

 

みりんタイプ調味料

image2
みりんに塩を入れて、調味料コーナーに置けるようにしています。
塩が入る事によって、そのままでは飲めない為、
調味料コーナーに置けるそうです。

 

みりん風調味料

image
甘味料が色々入っているのがわかります。
“糖“の文字がちらほら。
しかも最初に水あめ表示が!
Σ(゚д゚lll)驚きですね!

みりん風調味料は、安くしてたくさんのお客様に買ってもらえるよう、
様々な味付けをして、みりんっぽい感じ にしています。
また、調味料コーナーにおけるのも売り手からしたらプラスになりますね。

きちんと作られたみりんは、少し値段が高くなります。
が、余計な物が入っておらずお料理もぐんと美味しく仕上がります♪
甘味料が入らないので、お身体にも優しいですね。
また、きちんとしたみりんはアルコールなので、
料理の際はアルコールが飛ぶまで加熱しましょう。

普段のお食事で、身体は元気にも不調にもなります。
まずはいつも使っている調味料から見直してみませんか?

By Konomi Hirai