28f9f2e92b4a7ed8e6c721f8ddd64ad5_s

『低糖質=ダイエット』

多くの方は、このようなイメージを持っているのではないでしょうか。

高糖質の食事をすると、急激に血糖値が上昇してしまいます。
急激に血糖値が上昇してしまうと、肥満ホルモンが分泌されてしまい、
血液中の糖分が脂肪に変わることで、どんどんと体脂肪が蓄えられてしまいます・・・

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

ここで低糖質の食事をすると、血糖値の上昇のスピードが緩やかになるので
脂肪が蓄えられにくくなるわけです。

このように糖質とダイエットは深い関係があるのですが、

実はこの糖質・・・

睡眠との関わりもあることはご存じでしたでしょうか!!

7921e4796c869ab38b25e60b0a5eb965_s

今日は糖質と睡眠の関係性についてをご紹介したいと思います。

夕食に摂ったエネルギーは、就寝までに使いきり自動的に就寝モード
になるのですが、夕食で過剰に糖質を摂取してしまうと
体の中でものすごい量のエネルギーが作られてしまい、それが邪魔をすることで
眠りの質が悪くなってしまいます。

眠ったとしても、余ったエネルギーが活動しているため、眠りが浅く
途中で目が覚めてしまうことも多いのです!

ですので、糖質をうまく調節すれば、無駄なエネルギーが作られることも
ないので睡眠導入も良くなり、睡眠の質もあがってくるのです。

どのような調整がおすすめかというと

①低糖質の食材を選ぶ。

②夕食だけ糖質をカットする、または量を減らす。

3abe1a141c07071894ca249ed8e4e7c6_m

このように糖質は睡眠やダイエットに大きく関わりがあるのですが
生きていく上でなくてはならない、とても大切な栄養素です。

完全に糖質をカットしてしまうと
本来、必要な栄養が不足してしまう事でストレスが溜まり
逆に睡眠の質を悪くしてしまいます。

それだけでなく、体調を崩す原因となってしまいますので
完全に糖質をカットするのではなく、糖質を調整してみては
いかがでしょうか♫

みなさまも、低糖質のお食事で
ダイエットだけでなく、睡眠の質も上げていきませんか☆

By Shizu Hirayama