240_f_44323477_n8mzye4yekgia1rvlqtxbs5axdncenqs

普段使っている調味料、原材料を気にしたことはありますか?

どうせ買うなら、安全なものを選びたいと思いませんか?

今回はポン酢の原材料をチェックしていきましょう。
ちなみに、、、
しょうゆとミリンもございます。
↓↓↓

その調味料、本物ですか!?〜醤油編〜

その調味料、本物ですか!?〜みりん編〜


まず、ポン酢ですが、そもそも柑橘系の果汁のことを指し、
それに醤油などを加えてポン酢醤油などにしているものを、
総称してポン酢と呼んでいます。略した感じですね!
ここではポン酢醤油についてみていきます。

では、市販のポン酢醤油にはどのような物が入っているのか、
いくつか見てみましょう。
img_0043

img_0044

img_0046

img_0045
共通しているのは、醤油・柑橘系の果汁

といったところでしょうか。
では、何に気をつければ良いのかというと、、、

・果糖ブドウ糖液糖
砂糖よりもコストがかからないので、様々な商品に使われていますが、
中性脂肪になりやすかったり、糖尿病のリスクもあるので気をつけた
方がよいです。味覚がおかしくなることもあるので
大量摂取は身体に良くないといわれています。

・調味料(アミノ酸等)
食品添加物が一括表示されているので、該当する添加物がいくつ
使われていても 「調味料(アミノ酸等)」の表示でOKなのです。
身体に良くないものがたくさん入っている可能性がありますね。

味の素の塊、、、とでもいいましょうか。

・酸味料
こちらも一括表示なので、何十種類のうのうち、いくつ使っても
一言で済みます。身体に害のない酸味料なのか、そうでないのか。
「酸味料」しか表示されないので消費者には分かりません。
最初から使われていない商品を選んだ方がよさそうですね。

・香料
こちらも一括表示。香料の場合は、何百種類ある中から、
どれをいくつ使っても、「香料」でOKなのです。
わからないのって、こわいですね。

コンビニなどでも健康志向は高まってきていますが、まだまだ
添加物がたくさん使われている物が多いのが現状です。
一度にたくさん摂らなければ大丈夫だから食品に使われているのですが、
毎日摂取していると、知らないうちに身体に異変が出ているかもしれません。

ポン酢の場合は、
原材料がなるべく少ない商品を選ぶと良さそうですね!
醤油、果汁、鰹節、昆布、みりん
のみで充分です。
添加物の味でなく、本来の美味しさを味わいませんか?

これからお鍋の季節。
ポン酢醤油が登場する機会が増えそうです。
自分で作れる方はその方が良いですが(少しの手間で作れます♪)、
市販の物を購入される方、選ぶポイントをおさえて、身体に優しく
お食事を楽しみましょう!

By Konomi Hirai