11ed4fa1dfa1c74847e1a397e86140cf6_s[1]

クリスマスからお正月にかけて、とにかく食べる日が多くなるこの時期。気が付くと体重が以前より2、3kgオーバーなんてことも…。特に、お肉料理の脂肪分・ケーキやお餅などの糖質によってお腹周りがパンパンに(-_-)

実はこれ、<内臓脂肪>と呼ばれるもの。内臓脂肪とは、主に食べ過ぎや飲みすぎなどによる生活習慣の乱れが原因で身体の奥の内臓や腸につく脂肪のことをいいます。

一方、皮膚のすぐ下につく脂肪を<皮下脂肪>といい、こちらは徐々に蓄積されていく脂肪で一度つくと落としづらい脂肪とされています。内臓脂肪は簡単につきやすい分、生活習慣を見直せば元に戻すことができます!

そこで、今回は内臓脂肪の燃焼に効果的な食材を3つご紹介いたします。

①玄米

a5ad659265b900a2bd90afa3f19af0d9_s[1]

玄米にはビタミンB1やB2が豊富に含まれていて、身体の中の糖質や脂質をエネルギーに変える働きがあります。この時に内臓脂肪を燃焼させてくれるため、ダイエット効果が高いと言われています。また、白米の3倍もの繊維質を含んでいるため、腸の動きを活発にし便秘解消にも役立ちます。

②お酢

07241aaceb6944f40054cf8f7e9307c7_s[1]

お酢の主成分である「酢酸」は、肝臓での脂肪燃焼に効果があります。酢の物や煮物などのお食事に利用したり、炭酸水と混ぜてお酢ドリンクとして取り入れるのも効果的です。

③オリーブオイル

56a3708904d4d8529a9b76a085c529d9_s[1]

油もいいの?と思われがちですが、実はオリーブオイルには脂肪燃焼効果があります。摂りすぎては意味がなくなってしまうので、1食小さじ1杯程度を心がけましょう♪

どれも、スーパーやコンビニで簡単に手に入る物ばかり。まずは、食生活から切り替えて正月太りをリセットしていきましょう(^^)/

By Saki Shirai