20140602_burger_0718_w800

最近お買い物にいっても、スーパーや、コンビニなどで、みかけることが多くなった、
「保存料着色料不使用」や「砂糖不使用」などといった単語。
この単語をみて、へえ、お砂糖使ってないんだあ
なーんて思っているだけの方、これに気づくか気づかないかで、ダイエットの結果が左右されるかもしれません!!

今回は、この食品添加物がダイエットの結果とどう関係していくか、ご紹介していきます。

②
まず、食品添加物ってそもそもなに??

食品を製造したり、加工するために使用する、製造溶剤のことを言います。
この製造溶剤とは、たとえば、
食品の風味や見た目、色合いを良くするための甘味料や、着色料
食品を長く保存できるようにすための保存料、酸化防止剤など、
あげたらきりがないようなのです。

摂りすぎるとどうダイエットに影響するの??
食品添加物には、天然の植物性のものと化学合成のものがあます。
食品添加物の中には摂取すると体内に蓄積され、細胞を破壊し、免疫力を低下させる添加物もあるのです。身体によくないのはもちろんですが、添加物を多く含んだ食品などを摂取し続けると、体の代謝機能がどんどん低下してしまい結果的にどんなダイエットを行っても痩せにくなってしまうんですね。

具体的どんなものに入っているの??
ファーストフードや、コンビニ弁当、インスタント食品などです。
食べる際にも簡単で、手間が省ける分、特に現代人は知らず知らずのうちに摂取してしまっているんですね…

外食が多いと太りやすいといった理由がなんとなく分かりますよね……

ですが、今の時代、添加物のない食品を選ぶことの方が難しいというのが現状……
一体なにを選んだらいいのー!?

a1200_000032

例えば卵!
コンビニのゆで卵って塩味がついていて美味しいですよね♪
最近ではだし巻き卵を見ることなんて珍しくないと思います。ですが、
卵を食べるのであればよりそのままに近いゆで卵がおすすめです!

また、おやつでも最近は全粒粉で作られた、砂糖や人工甘味料が使われていないお菓子などもありますよね!
お菓子自体、ダイエットを考えますとお控えいただくことが多いと思いますが、
どうしても食べたいときはこのようなことを基準に選んでみるのもいかもしれませんね♪

by Momoko Toubai