image1

夏に向け体力をつけダイエットを成功させたい!

そんな時にオススメ!!
キムチチャーハン!

キムチに多く使われている唐辛子には「カプサイシン」という

辛味成分が含まれていますが、

このカプサイシンは脳の神経を刺激し、

褐色脂肪細胞の働きをよくすることがわかっています。

褐色脂肪細胞が活発になると、代謝が上昇し痩せやすい身体に変わるのです!!

また、キムチには血糖値の上昇を抑えて

脂肪を溜め込みにくい身体にしてくれる特徴があります。

更に、疲労回復にもいいんです!!

カプサイシンは安眠効果があり、

キムチを夜に食べると眠りやすくなることもわかっています。

ではレシピをご紹介いたします☆

材料(1人前)

玄米ご飯   100g

野菜     冷蔵庫の残り物の野菜

キムチ    大さじ1~2

ごま油    適量

卵      1個

ネギ     適量

調理方法

  1. 野菜を食べやすい大きさに切る。

  2. フライパンにごま油をひき①とキムチを炒め、火が通ったらいったんお皿に移す。

  3. フライパンにごま油をひき、溶き卵を入れる。固まらないうちに玄米ご飯を入れパラパラ感が出るまでしっかり炒める。

  4. 3に2を入れ、全体が混ざったらお皿に移しネギをかければできあがり。

image1

みなさんも試してみてくださいね!!

 

By Youko Hashiguchi