人

 

野菜

美容や健康、ダイエットに、「ビタミン」は重要である

と思われている方はたくさんいます。

しかし、ビタミンといっても様々な種類があり

それぞれの主な働きも違えば

摂取する方法によりその働きを強めたり弱めたりすることになります。

まずビタミンは大きく分けて

①油にとける性質のある「脂溶性ビタミン」

②水にとける性質のある「水溶性ビタミン」

の2種類あることを知っておきましょう。

 

「脂溶性ビタミン」で代表的なものは下記の通りです。

ビタミンA…うなぎ、にんじん、モロヘイヤ等(抗酸化作用、皮膚や粘膜の保護)

ビタミンE…卵、まぐろ、大根等(骨や歯の成長を助ける)

ビタミンD…紅鮭、すじこ、きくらげ等(抗酸化作用、生体膜の健康維持)

これら脂溶性ビタミンは、脂に溶けることで吸収率がアップする特徴がありますので

炒めもの等で油と一緒に摂取することをお勧めします!

 

「水溶性ビタミン」で代表的なものは下記の通りです。

ビタミンB1…豚ヒレ肉、焼きたらこ、枝豆、グリンピース等(糖質代謝、神経機能の維持)

ビタミンB6…いわし、牛レバー、バナナ、赤ピーマン等(糖質代謝、たんぱく質代謝、造血作用)

葉酸…大豆、ほうれんそう等(たんぱく質代謝、造血作用)

ビタミンC…じゃがいも、レモン(鉄吸収、コラーゲン合成、免疫強化抗酸化作用、ストレス解消)

これら水溶性ビタミンは、水に溶ける性質があるため

体に貯め込むこともできにくいです。

そのため過度に摂取を控えてしまうと欠乏症を発症するおそれもあります。

またこれらを摂取するにあたっての注意点としては水に溶けやすい性質があることから

調理の際に水に浸しすぎたり、長時間茹ですぎると

ビタミンが溶け出してしまい折角のビタミンが消失してしまいます。

そのため、できるだけ水にさらさないように調理する、または、できるだけ生のままで食べることが

効果的に水溶性ビタミンを摂取する鍵となります^^☆

人

油に溶けやすいものなのか、水に溶けやすいものなのか、

普段何気なく調理されている食材を一度確認してみてはいかがでしょうか?

By Chika Sato