d1d6a3e13d9ed582c352774a145ba0dd_s[1]

会社の飲み会や友達付き合いで付きものなのが“お酒”です。
ダイエット中だけど、飲まないと場の雰囲気を悪くしてしまうし…
なかなか避けたくても避けられないものですよね。
そこで今回は、ダイエット中のアルコールとの上手な付き合い方を
ご紹介いたします。

そもそもアルコールで太る原因は…?
8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s[1]

アルコールが体内に入ると肝臓は、最優先で「解毒」をしようとアルコールを分解します。
そのため、肝臓で本来行われるべき脂肪分解がおろそかになり、
分解しきれなかった脂肪分が体脂肪となってしまうのです。

対策☆彡
①お酒の種類を選ぶ
b4bdb5f5eca339abb28d330cd1f31549_s[1]

お酒には蒸留酒と醸造酒があります。
蒸留酒は純粋なアルコールで、焼酎・ウイスキー・ジン・ウォッカなどがあげられます。
醸造酒は純粋なアルコールと糖質などが含まれたお酒で、ビール・ワイン・日本酒などです。
問題は醸造酒に含まれている糖質です。これを摂りすぎることで体脂肪の素に…。
なので、ダイエット中は純粋なアルコールのみを使う“蒸留酒”を選びましょう♪
もちろん甘いジュースなどで割ってしまっては意味がなくなってしまうので、
水や炭酸、お茶などで割って無駄な糖質を摂らないことが大切です。

②お酒と同量の水を摂る。
67623ac8596e425de1f1ff7948bcd4e0_s[1]

始めにお伝えしたように、体内に入ったアルコールは肝臓の働きをおろそかにしてしまいます。
その為、体内から出来るだけ早くアルコールを排出することが重要となります。
お水やお茶などのアルコール以外の水分をたっぷり補給し、
代謝を上げいち早く体内からアルコールを排出させましょう。

③おつまみ選び
4fdbfc981ba539924faff23d5e34d6d8_s[1]

お酒を飲むと揚げ物や味付けの濃いものが食べたくなりますよね。
しかし、肝臓機能が低下している時にこれらの食品は危険そのものです。
サラダやお刺身、枝豆に冷奴など脂質の少ない低カロリーなものを摂るように心がけましょう♪

いかがでしょうか。
ダイエット中の飲み会は、お酒やおつまみを上手に選びアルコールと上手に付き合いましょう(^^)/