85799e5badb06ce71eda56d53757c547_s[1]

「糖化」とは?

糖化とは、体内のタンパク質と「糖」が結びつき、

体温に熱せられることで「糖化物質」に変化することをいいます。

この糖化ストレスで細胞の老化が進んでしまい、

皮膚のたるみ・しわ・シミなどの老化を促進させる原因に。。。

初期の糖化であれば、糖の濃度が下がれば正常なタンパク質に戻れますが、

高濃度の糖に長時間さらされてしまうとタンパク質が劣化してしまいます。

糖化して戻れなくなり、劣化したタンパク質が

最終的に「AGE=終末糖化物質」という物質になります。

この「AGE」は強い毒性を持っているため、

美容のみならず、健康に悪影響を及ぼす老化を進めてしまいます。

 

では、、、

この糖化を防いで、AGEを増やさないためには

どうしたらよいでしょうか。

ポイントは体を老けさせない食事の摂り方にあります!

 

☆老化を防ぐ食事のポイント☆

(ポイント①) 食物繊維から食べる。

食物繊維は糖の吸収を緩やかにしてくれます。

食事の最初は、野菜・海藻類・キノコ類など食物繊維が豊富に含まれるものから口にすることで、

血糖値の上昇をゆるやかにすることができます。

ec8a74d3ab8d4ef91fb7998f88c49ae4_s[1]

 

(ポイント②) 低GI食品を選ぶ。

低GI食品とは、血糖値の上がりにくい食品をいいます。

ご飯ならば白米より玄米、麺類ならばうどんよりそばといった精白されてないもののほうが、

食物繊維やミネラルが豊富なので、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

 

(ポイント③) 1日3食きちんと食べる。

空腹が長く続いたあとの食事は、血糖値が急激に上がりやすくなります。

食事は3食きちんと摂り、よく噛んでゆっくり食べることで血糖の上昇を緩やかにしましょう。

(ポイント④)生で食べられる物は、なるべく生で。

これは、AGEを体にためない食べ方の基本です。

例えば、生のまま食べられる魚はお刺身がベストです。

こんがり焼いた焼き魚の焦げた部分にはAGEがいっぱいです。

AGEを抑える調理法は

「生⇒蒸す⇒煮る⇒炒める⇒焼く⇒揚げる」の順番となります。

お刺身以外なら、煮魚などがおすすめです。

 

食べ方のちょっとした工夫で、

血糖値の急上昇をおさえて糖化を防ぎ

調理法のちょっとした工夫で、

AGEをためこまず、老化のスピードを食い止めることができます!

 

体の内側からキレイを保ちましょう♪♪

By Chisato Ishii