ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

ダイエットの時の食事はどうすればよいのか…

多くの女性が悩まれているのではないでしょうか。

摂取カロリーを大幅に減らせばそれだけ体重は落ちますが

一方でカラダに負担を掛けて行うダイエットは

リバウンドの確立も高くなり体調を崩してしまいます。

カラダに無理なく美しく痩せるための摂取カロリーの目安は

「体重×25(~30)㎉」で算出することができます。

(例)体重60㎏の方ですと1500~1800㎉になります。

しかし、あまりにも摂取カロリーが少ないと体が飢餓状態であると判断して

摂取した脂質や糖質をどんどん脂肪に変えて蓄積してしまいます。

また、たんぱく質や糖質不足は思考・筋力・免疫力の低下に繋がりますので

お食事のバランスが必要になってきます。

そこでお食事のポイントを3つご紹介します!

〇食事の際は始めに繊維質から食べる!

繊維質をはじめに食べることで血糖値の上昇を防ぎ

脂肪をため込まないようにすることができます。

〇たんぱく質、脂質、糖質をしっかり摂る!

糖質が60%、脂質が25%、たんぱく質が15%が理想だと言われていますが

運動をこまめにされている方はたんぱく質の量を少し増やすなどの調整を行ってもよいです。

〇朝はしっかりと食べて夜に向けて脂質・糖質を抑える!

1日の摂取カロリーの目安を1,500㎉とした場合、

朝食に300㎉昼食に400㎉夕食に800㎉のように、

夕食に重きを置くのはよくないです。

夕食後はほとんど活動がなく、エネルギーが消費されないため、

カロリーの摂取量が多ければそれだけ脂肪になりやすくなります。

理想的なカロリー配分は、朝食600㎉昼食500㎉夕食400㎉です。

お食事も大切ですが、運動と連動させることで更に効果的です★

ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

 

by Kyoko Makimoto