9d8252a9f898a385ee0219e4ba358059_s

 

ba0d6ccb48fee213030b2016a953c018_s

ダイエット中気になるのが摂取カロリーですが、

食事をとることで消費されるカロリーがあることをご存知ですか??

 

消費カロリーは大きく分けて3つに分類されます。

①基礎代謝(70)・・・寝ていてもじっとしていても消費されるカロリー

②活動代謝(20)・・・ジョギングやヨガなどの有酸素運動で消費されるカロリー

③食事誘導性熱産生(10)・・・消化活動により消費されるカロリー

 

③の食事誘導性熱産生という消化カロリー。

10%と聞くと低いような感じがしますが、

一日に2000kcal摂取する人の場合、

200kcalもがこの消化カロリーにより消費されているのです!

 

この消化カロリーをしっかり稼いでいくために、

取り入れていきたいポイントをご紹介します。

 9d8252a9f898a385ee0219e4ba358059_s

 

固形物をよく噛んで食べる

スムージーやドリンク系食品などは

内臓で消化活動がほとんどおこなわれないため、

食事誘導性熱産生による消費エネルギーが低くなります。

またよく噛んで食べることは

交感神経を刺激し消費エネルギーを高め、

同時に満腹中枢も刺激するので食べすぎを抑制してくれます。

 

朝食をしっかりとる

このエネルギーは朝から夜になるにつれて、

だんだんと消費量が減っていきます。

同じ食事をしていても、夕食よりも朝食でカロリーをとったほうが

消費エネルギーが多く痩せていくのです!

そのため朝型の生活リズムの人は、

夜型の人よりもこの消化エネルギーが25%も高いことがわかっています。

 

たんぱく質をしっかりとる

エネルギーをつくる3大栄養素のうち、

このエネルギー消費量が一番高いのがたんぱく質です。

「たんぱく質:30%、糖質:5%、脂質:4%」

いつもの食事から炭水化物や脂肪分の多いものを減らし、

卵、魚類、肉類、大豆製品などをプラスすることで

効率よく消費エネルギーをアップさせましょう。

無理な食事制限をするよりも、

このポイントを抑えることで効率よくダイエットができますよ♪

by Saya  Okamoto