%e8%84%9a%e7%b5%84%e3%81%bf%e5%a5%b3%e6%80%a7

電車の座席、カフェのチェア、病院の待合室・・・

ついつい脚を組んでしまいませんか?

 

一般的に脚を組むと…

下になる脚の膝が内側に入り込んでしまい

内腿、お尻に脂肪がつきやすくなる

といわれています。

 

しかし脚を組まないほうがいいと

わかっていてもついつい脚を組んでしまいますよね(+_+)

 

実は、ほとんどの人のお尻のサイズは、左右で少しずつ違います。

ですので硬かったり、小さくて不安定な椅子に座ったりすると

どちらかのお尻がほんの僅かですが、

浮いてしまい落ち着かなさ・不安定さを感じることがよくあります。

そして、この不安定さ解消するために

ついついやってしまうのが「脚組み」なのです。

 

 

そんな皆さまに

このお尻の僅かな左右差を解消してくれるトレーニングを

お勧め致します♡

 

(1)自宅のソファなどに「足を組むときに上になるほうの脚」の甲を置きます。

(2)「足を組むときに下になる脚」は、前にだします。

前に出した脚の膝を曲げたときに、膝が90度になる位置まで前に出すことがポイントです。

 

p1040235

(3)そのまま後ろの膝を曲げながら真下にしゃがんでいきます。

 

p1040236

(4)このしゃがんで立つの繰り返しをします。

10回2セットを朝・昼と一日2回おこないます。

 

脚を組んでしまうときに、

下になる脚のお尻の筋肉を増やしてあげることで、

お尻の左右差が解消されていき、

自然と脚を組まないようになっていきますよ♪

 

脚を組むことはよくないと解っていても

ついついやってしまう…

そんな方は、

このトレーニングを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

By Yukari Kitahara